蔵書について

 平成25年3月末日現在の蔵書数は約146万冊(平成24年度より情報ライブラリーとして独立した旧大学分館の蔵書数を除く)、和漢書と洋書の比はほぼ3対1です。
 蔵書は一般に、各分野にわたって広く集め、基本図書はかなり完備していますが、一面、創設時の主旨に基づき分野を見さだめ、その関係資料において図書館としての特色が現れるよう蒐集を行っています。その結果、宗教学、東洋学、オリエント学、考古学、民族学、地理学、言語学、国文学等において精選された資料を組織的に蒐集し、それぞれの分野では極めて貴重な文献を数多く所蔵することとなりました。

 特筆すべきは、東西世界の交渉史関係資料、カトリック東洋伝道史資料、古きりしたん文献、日蘭交渉史関係資料等の書群など。中でも『ぎやどぺかどる』(上巻)をはじめ、8種10点にのぼる“きりしたん版”は我が国史資料および世界文化史上の重要な文化財です。

 日本文学中、特に江戸文学では連歌、俳諧、小説、戯曲をはじめ、国学、地誌、歌舞、芸術等にわたっても広く蒐集し、芭蕉、西鶴、近松、秋成、馬琴、守部、宣長、春海等の文学者に関するものは直接資料だけでも少なくありません。その内、芭蕉の『貝おほひ』(寛文12年刊本)、西鶴『独吟百韻自註絵巻』、『馬琴日記』等は著名な資料です。

 近代では、明治、大正時代稀覯文献、漱石、荷風等近代文豪の個人資料も数多く収蔵しています。またグーテンベルク初印本『四十二行聖書』(原葉一枚)や著名な西洋古版本、古版画、古地図等の集成、ゲーテ、ハーンをはじめ西洋文人自筆書翰集、中国宋、元、明代の稀覯古典籍も豊富に所蔵しています。

 これらのうち『日本書紀神代巻』、『劉夢得文集』など6点が国宝に、『和名類聚抄』、『古事記』など85点が重要文化財に指定されています。(⇒指定書一覧

 更に、国内、国外の逐次刊行書は約14,500種を数え、バックナンバーも充実しています。このほか、江戸時代浄瑠璃本版木15,000枚、本居宣長『訂正古訓古事記』版木170枚、古義堂遺書版木1,200枚、江戸末期木活字約5万個、近代欧州製地球儀・天球儀約50基なども所蔵しています。




特別文庫について

 創立以来、収蔵された200有余の各種文庫は、それぞれ文庫としてのまとまりを解かれ蔵書中に分類されていますが、次の4点については、そのまま特別文庫として整備し利用されています。

  綿屋文庫
 昭和13年、天理教中山真柱家より寄贈された連歌・俳諧書中心のコレクション。黄橙文庫、川西和露文庫、石田春風文庫、藤井紫影文庫、北田紫水文庫等を加え17,000点29,000冊を所蔵しています。
 中には、邦高親王筆『新撰菟玖波集』(重文)、最初の俳諧撰集『竹馬狂吟集』や、芭蕉・西鶴の自筆資料なども多く含んでいます。昭和29(1954)・61(1986)年には『綿屋文庫連歌俳諧書目録』第一・第二を刊行しました。


  古義堂文庫
 江戸時代の大儒伊藤仁斎にはじまる京都堀川の古義堂に代々伝来した資料を収蔵しています。内容は『論語古義』『童子問』『名物六帖』をはじめとする稿本類・日記・門人帳・遺品・手沢本など伊藤家に直接関係するもの、漢籍を主とする一般の書籍・書画など併せて約5,500点1万冊を数えるに至っています。蔵本中の『欧陽文忠公集』は国宝に指定されており、これらは昭和31(1956)年『古義堂文庫目録』としてまとめられました。

  吉田文庫
 京都吉田神社社家に累代伝承されてきた集書の一部で、たびたび散佚した後のもの約7,000点1万冊です。同家諸部署の神典類・日記・文書類などが主で、昭和40(1965)年『吉田文庫神道書目録』として公刊されました。本館ではこの文庫とは別に吉田家本の収集に努め、『日本書紀神代巻』(国宝)、『古語拾遺嘉禄本』(重文)、また宣賢・梵舜等の講記・著註類など、その多くは『稀書目録和漢書之部』第三に収録しています。

  近世文書
 奈良県王寺町の故保井芳太郎氏収集の近世大和の寺社・支配・庶民関係の文書・記録・地図等約6万点をもとに、その後のものを加えた約30数万点におよぶ地方史誌の集成です。奈良県近世古文書館的性格を有しており、昭和47(1972)・61(1986)・平成7(1995)・13(2001)・15(2003)年に「山辺郡」・「高市郡」・「十市郡」・「式上郡」・「式下郡」の地区別冊子目録を刊行しています。